理想的な練習環境をセットアップしよう!


ギターのレッスンを進めていく中で、お話させていただくことは練習方法の他にもいろいろありますが、そのひとつが『練習環境』についてです。


意外にも普段の練習環境がギターを弾くモチベーションを下げる要因となっている場合があります。


例えば、部屋にギターを置くスペースがなくてケースに閉まって保管していたり、テレビやスマホを気にしながら練習をする場合などなど。

そんな何気無いことが、意外にも足かせになっているかもしれません。



小林コーチが実践している練習環境

・自宅ではギターをケースから出してすぐ手に取れる場所へ置いておく

・部屋の一角にギター練習用のスペースを作る

・自宅では練習用の譜面をいつも同じ場所へ見えるように広げておく

・肘掛けがない椅子を使う

・座った時に演奏に必要なものすべてが手の届く範囲にあるようにセッティングしておく

・練習スペースではテレビやスマホなどを目の届かない場所へ



ギターの上達にはまずギターに慣れること。それにはたくさん触ることが重要で、たくさん触るにはギターに触りたくなる気持ちを作ること


それぞれ異なるスタイルがある中で、練習の環境や進め方にもそれぞれお気に入りの方法があっていいと思いますが、演奏に集中できる環境が大切ではないでしょうか。


最新記事

すべて表示

習いごとは自分との相性を第一に!

今やギターも習いごとの時代。上達のためにはモチベーションが上がって楽しく続けられる環境が必要。そのために知っておきたいこと。

興味を持った瞬間がはじまりの時

ピアノや英会話などを幼い頃から慣れ親しむことは脳の発育に適していると言われています。ギターも例外ではないと考えており、適切な指導のもと学習することで同様の効果を期待できます。