市販のTAB譜も間違っているケースがある

 

毎晩聴いてしまうほど好きな曲のギター練習を始めた生徒さんとあるレッスンでのやり取りです。


----


生徒さん「実は曲の練習をしていて、TAB譜の通り弾いてもなんか違う気がするんです。」

コーチ「なるほど。それ、私自身も経験しています。」

生徒さん「そうなんですか?私の耳がおかしいのか、いや、ギターの腕がまだまだだからかなと考え込んじゃいました。どちらを当てにすればいいんでしょう?」

コーチ「その部分をちょっと弾いてみてもらってもいいですか?」

生徒さん「え、はい。(キュイーン)」

コーチ「うん!バッチリですね!」

生徒さん「え、本当ですか?TAB譜とは違う弾き方なので間違っていると思ってました。」

(TAB譜を見ながら)

コーチ「(生徒さん)の弾いている音の方が私も正しいと思います。」

生徒さん「じゃあTAB譜って間違っているんですか?」

コーチ「一概には言えないのですが、TAB譜は演奏している本人ではない方が採譜しているケースが大半なんですね。あと、細かいニュアンス、音の強弱などは譜面表記ができないので、やはりTAB譜に倣って演奏すれば完璧!!とは言えない。それが私の考えです。」

生徒さん「ええ〜そうなんですね。じゃあTAB譜は使わない方がいいんじゃないですか?」

コーチ「いや、そういうわけでもありません。TAB譜にもメリットはたくさんあります。かくかくしかじか」

生徒さん「あ〜なるほど!」

コーチ「そうなんです。TAB譜があるととても便利なので、上手に付き合っていきましょう〜」


----


最近発売されているTAB譜は演奏している本人が監修しているケースがあったり、採譜者の技術、精度が向上しているので過度な心配は不要ですが、TAB譜を使って曲練習をしている時に違和感を感じたら、その部分を繰り返し弾いて確認してみましょう。


自分の耳に自信を持って練習に取り組むことも上達につながります。


レッスン提供地域


中野区(中野/東中野/新井薬師前/野方/鷺ノ宮/江古田)・杉並区(荻窪/西荻窪/阿佐ヶ谷/高円寺/下井草/井荻/上井草)・武蔵野市(吉祥寺/三鷹/武蔵境)・練馬区(練馬/上石神井/武蔵関)・豊島区(池袋/目白/椎名町/要町)・新宿区(新宿/代々木/高田馬場/落合南長崎)・三鷹市・西東京市・小平市・東村山市・東大和市・武蔵村山市・世田谷区・渋谷区・港区・千代田区・目黒区・品川区・中央区・文京区・板橋区

サイトメニュー

セミナーバナー.png

TEL:070-4409-7574

レッスン中は応答できない場合があります。恐れ入りますがお問い合わせフォームからのご連絡をお願いいたします。

©2015-2020 Kei1 GUITAR LESSONS