​ 『3大ギタリストと呼ばれるギタリストのこと』

ギターを弾いている人は聞いたことがある言葉だと思います。

エリック・クラプトン

ジェフ・ベック

ジミー・ペイジ

この3人を指しているこの言葉は、当時日本の出版社が雑誌や書籍の中で用いて以降、世間的に使われるようになったそうです。

1960年代、まだロックが産まれて間もない頃。この3人はヤードバーズに入れ替わりで所属していました。3人の中で最後に加入したジミー・ペイジ(最初ベーシストとして加入)は一時期ジェフ・ベックとツインリードギターを取っていた時期もあります。

やがてヤードバーズは各々の理由で脱退する者が続出、バンドは事実上解散状態に。一人残されたジミー・ペイジは元々バンドの継続に意欲的だった事もあり、新たなメンバーを迎えて立て直しを計ります。これをきっかけにレッド・ツェッペリン誕生へと繋がりました。

The Yardbirds - Stroll On (Jeff Beck & Jimmy Page 1966)

1960年代、ムーブメントが起こり、多くのバンドが姿を現してくると同時に、ロックという未知なる音楽の存在が世間に認知されていきます。そのジャンルを表現する中で、中心的な存在となったエレキギター。音楽が進化するに連れ、エレキギターの表現力やファッション性などの要素が見出され、この不完全な楽器はこの頃を境に一躍することとなります。

3大ギタリストと呼ばれる彼らが、現在もなおエレキギターの象徴的な存在として知られるのはなぜか。個人の意見としては、音楽を新たな方向へ導いていった功績が非常に大きいのが、ひとつ理由だと考えます。

彼らを抜きにエレキギターを語るのは、なかなか難しいですね。

Eric Clapton,Jeff Beck,Jimmy Page-Layla

最新記事

すべて表示

『理想の音』

きっと、ギターを弾くことが好きな方には、こんな音を出したい!という理想があると思います。理想は様々なジャンルにおいて目標として位置づけられるものであって、努力の指標ともなるもの。 また、決してその道のプロを目指すわけではなくとも、音楽や楽器に触れることは今迄にない自分を発見できる、いわば自分磨きの手段にもなり得ます。 プロもアマもこどももおとなも関係なく、好きになったものには例外なく誰もに理想は生